キャッシング比較!口コミ体験談で審査・金利・実態チェック! » キャッシング基礎知識 » キャッシング借入額に応じた金利

キャッシング借入額に応じた金利

読了までの目安時間:約 3分

借りれば借りるほど金利が低くなる?

借りれば借りるほど金利が低くなると言われると、一見逆のように感じるかもしれません。ですが実際に、たくさん借りれば、それだけキャッシング会社は貸し倒れのリスクを負うわけですが、それでも金利は低くなります。

 

なぜかというと、キャッシングの金利というのは、その人の信用力によって変わるのですが、信用力があればあるほど、たくさん借り入れることができるからです。

ここで注意しなければいけないのは、借りれば借りるほど、というのは多くのキャッシング会社から借りるということではありません。

 

1社からたくさん借りるということです。それは、いくらもともとの信用力があったとしても、多くのキャッシング会社から借りていればそれだけ信用力が下がってしまいますし、キャッシング会社にとっても少額を低金利で貸してしまっては十分な利益を生まないからです。

 

また、ここまで「借りれば借りるほど」と表現してきましたが、本当に借りる必要はなく、キャッシングの限度額が大きければそれで十分です。

 

具体的な事例

それでは、十分な収入がある人が、やむを得ない事情によって急遽現金が50万円必要になったとします。必要な金額は50万円なので、50万円でキャッシングの申し込みをすればよい、というのが間違いだということはもうお分かりですよね?

 

申込時点では、100万円でも200万円でも、出来るか限り多く申し込みしておきましょう。ごくごく当たり前の話ですが、利息の支払いが必要になるのは、実際に借り入れた金額に対してであって、キャッシングの限度額に対してかかるわけではありません。

 

50万円で申し込みしてしまっては、金利が17%だったところ、200万円で申し込みしたら金利が10%ということもあるかもしれません。

 

1ヶ月で返済できるとしても、約3,000円ほど利息に差が出ます。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿